リサイクルショップと質屋の違いとは

不要になったブランド品などを現金化したい場合、リサイクルショップか質屋を利用する方法があります。
どちらも品物を納めることで現金を入手することができますが、大きな違いとしてリサイクルショップは商品を現金で買い取ることに対し、質屋は買取りのほかに、担保として品物を預かり、現金を融資するという形となります。
融資を受けるには利息も伴う分、査定額がリサイクルショップにくらべて高くなる傾向にあります。
どちらも店舗によって査定の価格差があるため、時間に余裕があるばあいは複数の店舗で査定をしてもらうことが需要といえます。

コメントは停止中です。