リサイクルショップと質屋の違いとは

不要になったブランド品などを現金化したい場合、リサイクルショップか質屋を利用する方法があります。
どちらも品物を納めることで現金を入手することができますが、大きな違いとしてリサイクルショップは商品を現金で買い取ることに対し、質屋は買取りのほかに、担保として品物を預かり、現金を融資するという形となります。

融資を受けるには利息も伴う分、査定額がリサイクルショップにくらべて高くなる傾向にあります。
どちらも店舗によって査定の価格差があるため、時間に余裕があるばあいは複数の店舗で査定をしてもらうことが需要といえます。

リサイクルショップは定期的に訪れたい

もし、家の近くにリサイクルショップがあれば定期的に訪れてはどうでしょうか。

リサイクルショップは、他のお店とは違って、どのタイミングでどの様な商品が店頭に並ぶか
という事はあまり予想できない事も多いと思います。

しばらくリサイクルショップを訪れていないと、知らない間に魅力的な商品が並んでおり、
すでに売り切れてしまっていたという事もあるかもしれません。

発売して間もない商品であっても、リサイクルショップに並ぶ場合もあり、その場合には状態がいい場合が多いと思います。ですので、ぜひ定期的にリサイクルショップに訪れて、新しい商品をチェックする様にしたいですね。

欲しかった物が手に入るかもしれませんね。

関連

コメントは停止中です。